後縦靱帯骨化症の悪化を防ぐ|病気の症状を調べよう

自分の細胞でがんを殺す

病院

免疫細胞による治療方法

がんの治療方法には、まず手術があります。しかし手術後、再発や転移が起こった場合には主に化学療法や放射線療法を行い、再発したがんを取り除きます。しかしこれらの治療方法は、即効性がある代わりに副作用も大きく、体に負担をかけるという点がデメリットでした。最近は第4の方法として、免疫療法が注目されています。免疫療法というのは、患者から採血を行い、免疫細胞を取り出して増殖させた後、再び体内に戻す方法です。この方法は、制がん剤や放射線ではなく、自分の細胞を使うので、体に負担がかからず、副作用もまれに発熱やアレルギーがある他は、ほとんどありません。しかも治療方法は、免疫細胞を点滴などで注入するだけなので、きわめて簡単というメリットがあります。

今後改善されるべき点とは

この免疫療法にも様々なタイプがあり、がんによってどの方法を用いるかが違って来ます。しかしここで気をつけたいのは、本人の免疫細胞を使うわけですから、がんがまだ進行していない状態の細胞の方が、効果がより高くなります。従って、ステージが進んだ時点でこの治療方法を採るのは、かなり難しくなります。それから免疫療法は、まだ公的保険が適用されていません。そのため病院によって料金設定がまちまちですが、いずれの場合も、自腹で治療を受けることになると、100万円以上の費用がかかると見ていいでしょう。このような点は、今後改善されて行く必要がありますが、今後のがんの治療方法としては、体に負担をかけないという点で、期待できるものとされています。