後縦靱帯骨化症の悪化を防ぐ|病気の症状を調べよう

腰を守る為に必要な事

病院

ヘルニアになると運動や日常生活に支障があります。特に姿勢が悪い人や喫煙者はかかるリスクが高いのです。日頃から正しい姿勢を意識することでヘルニアの予防だけではなく様々な病気などを予防することが出来るので姿勢には心がけておきましょう。

もっと知ろう

自分の細胞でがんを殺す

病院

免疫療法は、手術、化学療法、そして放射線治療に続くがんの治療方法として期待されています。血液から免疫細胞を取り出し、増殖させて体内に戻すだけなので、体に負担がかかりにくいのがメリットです。反面、がんが進行した状態ではこの治療ができにくく、また公的保険が効かない点は、今後改善されるべき問題といえます。

もっと知ろう

首からくる手足のしびれ

男性女性

後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)は頚椎(けいつい・背骨の首の部分)に起きたトラブルから、手足のしびれ・精密動作や歩行の困難といった症状が引き起こされます。私達の背骨はドーナツのような筒型構造になっていて、その内部空間には頑丈な骨に守られるようにして神経の束(脊髄)が収まっています。これは身体がキャッチした知覚(熱い、痛いなど)を脳に伝える知覚神経と、逆に脳から「さあ動け」と全身に命令を伝える運動神経の二種類で、いずれも樹の幹から枝が延びるごとくネットワークをはり巡らせています。さて背骨の中でも首の部分は「頚椎」、人間の場合七つの骨から構成されるのですが、その後ろ側を上下に走ってつなぎ合わせているのが後縦靭帯です。これがなにかしらのきっかけで骨のごとく固く変質、数倍の厚みになって神経を圧迫してくることがあります。これが後縦靱帯骨化症です。

後縦靱帯骨化症に罹ると先述のように、おもに上半身にしびれや痛みが出てくるようになります。また手先の感覚が鈍ってしまいボタンの着脱、食事での箸の扱い、本のページをめくるといった行為(巧緻動作)が困難になることもあります。また歩行に影響が出るケースも見られます。実はこの後縦靱帯骨化症が発生する明確なメカニズムというのは、いまだにはっきりとはしていません。統計的に特徴を見てみると2対1の割合で男性のほうが発症例が多い、欧米人よりも日本人によく見られる、遺伝的に罹りやすい家系が存在するといったデータが報告されています。またなりやすい家系があるといっても全ての人に発症する訳でもありません。罹ったとしても年単位でゆっくりと進行したり、本人が気づかないほど軽微なのが偶然見つかるといったケースもあります。

多様な原因が考えられる

座る男性

自律神経失調症の原因には様々な要素が考えられ、その中には投薬治療などの病院への通院によって受けられる治療法では根治に繋がらず、整体院への通院や漢方薬の服用などが根治に繋がる治療法となるケースがあります。従って、自律神経失調症を発症した際は、その発症原因を突き詰めることが肝要なのです。

もっと知ろう